• アクセスマップ
  • お問い合わせ
  • サイトマップ
文字の大きさ 元の大きさにする文字を大きくする 配色変更 背景白色に黒文字 背景黒色に白文字 背景青色に白文字 背景黄色に黒文字
観光ガイド
  • 下市町の歴史
  • 主な名所・施設
  • 季節のイベント
  • 自然の紹介
  • 下市温泉秋津荘・明水館
  • お寺・神社めぐり
  • 拓本の里「拓美の園」
  • 特産品
  • 文化財
  • 観光マップ

主な名所・施設の紹介

拓美の園

拓本(たくほん)は伝統的な器物を複写する方法のひとつです。歌碑や句碑、石仏を訪ね、拓本を採り、持ち帰ってまた眺める。歴史や文学の世界、かかわった人たちのことを想いながら、時を過ごすことはとてもいいものです。

拓美の園

下市中央公園内にある拓美の園は、平成5年下市町の文化の拠点として3基の句碑歌碑が建立されたのをきっかけに、今では16基(23面)の句碑歌碑が立ち並び、多くの人が採拓(拓本を採ること)に訪れます。
歌碑や句碑、石仏を訪ね、拓本を採り、持ち帰ってまた眺める。歴史や文学の世界、かかわった人たちのことを想いながら、時を過ごすことはとてもいいものです。

※ご注意
採拓を採るには、事前の申し込みが必要です。採拓を希望される方は中央公園事務所に申し込んでください。

場 所 奈良県吉野郡下市町下市2227 下市中央公園内 ⇒地図はこちら
交 通 近鉄吉野線「下市口」駅より、洞川・笠木・岩森温泉・城戸行バス 「田中口」または「下市中学前」下車すぐ
休 日 火・水曜日、祝日の翌日、年末年始は休み
申込み・問合せ 下市中央公園管理事務所
TEL 0747-52-8965

拓本をとろう

拓本とは石材(天然石・加工した御影石)・金属・木材などに彫られた、文字・絵・模様を墨で紙(和紙がよい)に写し採ったものです。写しとられた器物の像を拓影といい、凹んだ部分が白く、凸部分が黒く紙上に現れます。

【用意するもの】

墨・紙(画仙紙又は和紙)・タンポ(1㎝~10㎝のもの数種類)・刷毛(撫刷毛・打ち刷毛)・霧吹き・ 水・タオル(2枚)・薄手の絹布・粘着テープ・ナイフ・新聞紙・バケツ等
タンポのつくり方・・・化繊綿を芯にしてまるめ木綿で包み、目の細かい絹の布でしわのないように丸く包み、 口を縛る。1㎝~10㎝位の大きさのものを数種類作るとよい。

【採拓の順序】

1 歌碑のほこりや汚れを水とタオルできれいに拭き取る  
2 採拓面より大きめに紙を切り、中心を合わせて粘着テープで固定する  
3 霧吹きで水を多めに吹き付け、紙に湿りを与える
4 撫刷毛で上下左右に静かに撫で空気を抜き、しわのないように紙を歌碑に貼り付ける
5 小さくたたんだタオルで文字や絵の部分を押し込むように押さえ、紙を密着させる  
6 薄手の絹布を紙の上からあてて、打ち刷毛で紙に向かって垂直になるように打ち込む(文字や絵の回りは特に丁寧に)
7 乾き具合をみて墨打ちに取り掛かります
タンポの一つに墨をつけ、もう一つのタンポと擦り合わせ墨を写し取り、写し取ったタンポで紙面に直角に当たるよう腕全体を使ってリズミカルに打つ(一度に濃い墨を打ち仕上げるのではなく、薄く何度も打って全体を均等に仕上げる)
8 打ち終わると少し乾かせてから静かに紙をはずし、新聞紙の上に置き乾かす
作品はそのまま巻いて持ち帰るか、図面入れなどの筒に入れて持ち帰るとよい
 
ワンポイント...水分は上から乾燥していきます、墨打ちは上から順番にしましょう。打っている途中で乾燥してきた場合は再び霧吹きで紙を湿らすといいでしょう。

※採拓のマナー
  1. 採拓する歌碑・石仏などの所有者に許可を得ること。
  2. 採拓しようとする対象物を汚したり傷つけたりしないこと。
  3. 採拓後は碑面を拭き付近の掃除や片付けをしましょう。
  4. ゴミは必ず持ち帰りましょう。
ページの最初に戻る

歌碑一覧

番号 碑文 詠人 筆者 建立者 建立年月日  
1 拓美の園   下市町長
梶 道男
下市町 平成5年10月12日
2-1 いせに まいりたる
ひとの送りたる礼を
蛤乃婦たみに別れ行く秋ぞ
松尾芭蕉 橿原市
昆布楢嶽
新子敏夫 平成5年10月12日  
2-2 みのむしの
ねを 聞きに こよくさの庵
松尾芭蕉 芭蕉親蹟 新子敏夫 平成5年10月12日  
3 ここはなほ丹生の社にほど近し
祈らば晴れよ五月雨の空
後醍醐天皇 橿原市
昆布楢嶽
拓美会 平成6年5月22日  
4-1 葛城や高間の山の桜花
雲井のよそに見てやすまな舞
不詳 五条市
栗山亮作
御所市
木谷大治
平成6年5月22日  
4-2 よしの山こぞのしおりの道かへて
まだみぬ方の花をたずねん
西行法師 御所市
米田須美子
御所市
木谷大治
平成6年5月22日  
4-3 春柳葛城山にたつ雲の
たちても坐ても妹をしぞ思う
柿本人麻呂 千早赤阪村
小早川悦子
御所市
木谷大治
平成6年5月22日  
4-4 忘己利他是慈悲極 比叡山延暦寺
大西座主
御所市
木谷大治
御所市
木谷大治
平成6年5月22日  
5 夏草や兵共の夢の跡 松尾芭蕉 松尾芭蕉 新子敏夫 平成7年4月11日  
6 馬ほくほく我を絵に見舞夏野かな 松尾芭蕉 奈良市
書:吉川敦子
絵:吉川空翆
奈良市
吉川敦子
平成7年4月11日
7-1 分け入りても分け入りても青い山 山頭火   寧楽拓本表装
同好会・研究会
平成7年4月11日
7-2 芒吹きなびく風
かりそめに家を離れて
一碧樓 一碧樓 寧楽拓本表装
同好会・研究会
平成7年4月11日
8 吉野山峰の梢やいかならむ
紅葉となりぬたにの家村
伴林光平 橿原市
昆布楢嶽
下市町
文化連盟
平成7年11月3日
9 よきひとのおおせをこうむりて
信ずるほかに別の子細なきなり
歎異抄
第二章より
大淀町
花岡大学
中西テル子 平成7年11月3日
10 昼顔や 夏山ぶしの 峯づたひ 支考 金峯山順教 拓美会 平成9年4月
11-1 下市や 家千軒に 花の雨 清々 千早赤阪村
小早川悦子
拓美会 平成11年11月3日
11-2 おぼろ夜の 千石橋を わたる僧 無量子
野村宣道
野村宣道 拓美会 平成11年11月3日
12 手招けば 返へす瞳となり 下里鮎 河合渡口 河合渡口 下市町
文化連盟
若鮎川柳会
平成13年11月18日
13 幾千の 木漏日 いだき 山眠る 九代
松本幸四郎
九代
松本幸四郎
拓美会 平成14年11月2日
14-1 念ずれば 花ひらく 仏教詩人
坂村眞民
橿原市
昆布楢嶽
熊谷文子 平成14年11月2日  
14-2 念仏為先 法然上人 慶思寺住職
白川恵俊
熊谷文子 平成14年11月2日  
15 よき人の よしとよく見て
よしと言いし 吉野よく見よ
よき人よく見
天武天皇   下市町拓美会    
16 苦しくも 暮れぬる 日かも
よしの川 清き川原を
見れどあかなしに
元仁 吉田信子 徳岡政子
大月千恵子
   
ページの最初に戻る